• tk76664

腰痛の原因は?





腰痛は肩こりと並び、男女ともに1,2番を争うほど訴えの多い症状です。


腰痛になった方は受診した際にレントゲンやMRIなどの画像所見を撮影していると思います。

ただ、この画像所見で分かる原因は15%程度と言われています。

では残りの85%は??

と言う事になりますが、これは生活習慣やストレスや不眠などの心の状態が影響している事が言われています。

要は、腰痛を訴える85%の方は、原因がありすぎて原因不明とされているんです。


それなのに、診察での問診やレントゲンやMRIの画像所見でしか説明が出来ないので、

「変形が・・・」

「狭窄が・・・」

「側弯が・・・」

と言う背骨そのものの状態の話になります。

勿論、上記の結果、変形していたり狭窄していたり側弯していたりする事があると思いますが、症状(痛みや痺れ等)が改善されていって、改めて画像所見を撮影しても、そのデータは初めに撮ったのと変わらない事が多いです。

それでも、痛みや痺れは変形や狭窄や側弯が原因だと思いますか?


いいえ。

症状は、周りの筋肉や筋膜か関節か椎間板のどれかが原因になっている可能性が大きいです。

そして、それであれば症状は改善するはずで、今の症状や不都合は良くならないと諦める必要はないですよ。


一番星では、現在の症状や不都合の解決をするのは勿論のこと、もう今のような症状や不都合な体になりたくない!って気持ちに一生懸命尽くします。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示